青春の終焉

 

GOING UNDER GROUND

まちがえなく私の青春だった。

中学生のころ

【トワイライト】を

職業紹介教育番組で

耳にしてから

名作と言われる

アルバム【ホーム】と出会い

一般の人には

三ツ矢サイダーのCMソングだろうか

ラスト商標名で替え歌された

【stand by me】

 

私がファンになった頃は

テレビやタイアップや露出が

増えた時期だったのかもしれない。

 

 

フロントマンの松本素生

描く歌詞の世界。

青春っぽい胸キュンと

形容されることも多かったが

 

 

当時、これだけ自分のなかで

歌詞に惹かれた経験はなかった

 

 

松本さん、ドラムの河野さんが 

作り出すメロディーも相まって

 

 

まるで物語のなかに

自分が入ったみたいな

 

そういう経験を

音楽で出来た初めての

アーティストがたぶん彼らだった

 

 

私自身、そこから

音楽の聞き方が180度

変わった気がする。

 

 

トワイライトのMVは

ストーリーPVの走り

だった気がするし

 

 

彼らが作ったバンドサウンドって

ゼロ年代において

現在の邦楽ポップスバンドの

基盤になっているとこは

あるように思うのだ。

 

 

 

なによりも幼なじみが

つるむ為に楽器を覚えて

始めたというその背景

 

 

それを体現するような音。

 

 

メンバーが脱退した今

当時の残像が抜けない方は

そこのグルーヴ感に

関する違和感を感じていたとこも

すくなからずあったんじゃないかなと

そんなことを思ってしまうのだ。

 

 

 

ド素人から始めたキーボードの伊藤さん

サウンドの支柱だったドラムの河野さん

 

 

脱退を経験し

大手レーベルからの移籍

転がり続けて

20周年を迎えた彼ら。

 

 

三人体制になってから出した

【out of blue】という

アルバムにもあるように

 

青春に別れを告げたが

その核にあるものはきっと

同じで、なんどもブレながらも

そこに戻ってきたような

実際わからないけど

 

 

時間を経てから

自分が再び彼らの曲を

耳にしたとき

初めて聴く曲なのに

勝手に、おかえりと

いってくれてる気がした。

 

学生時代、彼らの音楽を聞きながら

描いていた夢とか憧れとか

幻想はもう消えてしまったけど

転がり続けて自分のたち位置が

わからなくなって苦しいときもあるけど

 

また、ここに帰って来ていいんだ

そんなふうに感じさせてくれた。

 

 

来るもの拒まず去るもの追わず

 

音楽って不思議なもので

 

 

 

その身勝手な

肯定感に私はずっと救われてきた。

 

 

 

青春はおわったけど

それでもゆっくりと歩いてくよ

 

 

 

これからも

三人の音楽を楽しみにしています。

 

 

 

 

トワイライト

トワイライト

 

 

 

STAND BY ME

STAND BY ME

 

 

 

 

ホーム

ホーム

 

 

 

 

Out Of Blue

Out Of Blue