今は亡き、雨宮まみさんの

【戦場のガールズライフ】

2016年に投稿された

「死にたくなる夜のこと」という

記事が今の私の心のバグの

延長戦上のいまの気持ちと

近いものを感じた。

 

 

「心の多過」

あぁ、これもそうだな

 

彼女たちよりも

文才や感性なんてないけど

言葉じゃなくて感情が

目の前のものに

ビンビン気持ちが

動いてしまう感覚

 

 

 

 

届いてるよ。

あなたの書いたものは

確実に。時間を越えて

 

 

ネットに対して

ネガティブなイメージや

事案が実際に増えているし

SNS疲れというワードも出てるなか

 

 

こーいうのオーソドックスな

ネットの良さだと思う。

ちゃんと届いてる。

それだけでもういいじゃない。

それ以上なにがあるんだよ

 

届かなかったり響かなかったら

スルーすればいいじゃんか

所詮、ネットの海なんだから

それに変に食い付く輩の神経が

わからない。

みたくないものをみたくなる

その気持ちはわかるけどさ

 

それでもやはりここは

スルー文化だ、元々

このブラックホールは。

 

 

拾って捨てて拾って

大切にしてまた捨てて

 

また大切にして

 

 

実体のないものほど

 

 

それで十分じゃないか