更新されてくカテゴリー

 Twitterはてなブログ

インスタ、youtubeなど

いまコスメ垢や記事がアツい。

私も参考にさせてもらっています。

 

 

というわけで唐突であるが自分のコスメ記録をあげてみようと思う。記録としてここに残しとけば振りかえるときに楽だとそんな安易なものでですので参考になるようなものなにひとつないことをはじめにお伝えしておきます。笑

 

特性としては冒険はあまりせず気に入ったものはずっと使い、できる限り可能であればお肌と眉毛だけやって眼鏡でいたい、ごまかしごまかしタイプの限りなくのズボラ人間の記録でございます。

 

 あっ、ちなみにポーチの中身

こんな感じです。

 


f:id:suzuis92:20180502132000j:image

 

 

 

 のせる順番はスキン、下地、アイブロー、アイメイク、チーク、リップ。では、いきましょうか。

 

  

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) エッセンスローション UV 210mL

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) エッセンスローション UV 210mL

 

 

 

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) クリームエッセンス モイスト 100g

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) クリームエッセンス モイスト 100g

 

 

 

 

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 

 

(スキンケア)

俄然、保湿重視だからジェルタイプ。それぞれ化粧水+乳液、美容液+クリームと一緒になってくれてるのズボラにはありがたい。知る人ぞ知るハトムギは無論クチコミで購入して肌調子悪いときにバシャバシャつけまくってる。価格は500~600円代とお手頃。

 

 

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

 

 

 

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 00 ライトベージュ 30g

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 00 ライトベージュ 30g

 

 

 

 

 セザンヌのテカリ防止下地と無印ブルーカラーは品薄になるほど有名ですよね。この二色の組み合わせは、まさに私みたいなブルベ冬肌には万能。

以前はラベンダーカラー下地なんか使ってたがくすみはばっちり飛ぶものの白くなりすぎてた。

 

ただテカリ防止下地は乾燥しやすいのがネックで、肌の調子よくないときは同じセザンヌのウルトラフィットベースに変えてます。テカリ防止下地よりは高保湿だからしっとりした感じで同じく無印のブルーと混ぜて使用。

 

 

 

 ずっーとコンシーラーはこれ。色々試したりもしたんですが色が明るすぎず浮かずに自然で一番しっくりくる。

 

 

 

 

 

 

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ05 ライトブラウン 8g

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ05 ライトブラウン 8g

 

 

アイブローペンシルの色はライトブラウン(LB)。ペンシルとパウダーの2WAYで使ってる際に、折れてしまいがちなペンシルにイライラすることないぐらいしっかりしてる。もはや信用しかない。

 

マスカラは知り合いに勧められたものそのまま使ってる、このメーカー色の種類も多くて良いよね。

 

 

 

 

 

 これも有名なやつ。マット感が良くて、セザンヌの下地とともに汗をかく夏の強い味方。

 

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999 0.5mL

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999 0.5mL

 

 

ブラウンカラー使用。ちょうど前の使いきった頃に広告の小松菜奈ちゃんに惹かれきまぐれで買ったもの(笑)

 

思ったより濃くなりすぎずに使い勝手よくて当たりだった。私は二重と奥二重の左右非対称な目元なのでどうしてもがっつりラインいれるから。顔立ち的にも普通のライン使うとかなりケバくなってしまう(それがナチュラルメイクか眼鏡でいいやと思わせる理由のひとつでもあったりして)

この子には本当に助けてもらってます。

 

 

 

 

ロレアル パリ RWラッシュセラム7.5mL 01 クリア

ロレアル パリ RWラッシュセラム7.5mL 01 クリア

 

 

マスカラはまあまあというとこか。ボリュームでなくカール重視のブラウンマスカラ欲しくてで買ったが、時間たつとカール落ちてくる感じはあるかも。けれど1940円でこのクオリティーはなかなかじゃないかな。

 

どっちかというと美容液重視派、これもコンシーラーと同様にずっと使ってて塗りだしてから下がりがちの睫毛が元気になりました、どうにかマツエクやつけまに頼らず地睫毛で頑張ってます。笑

 

 

 

買ったばかりでまだまだ試行錯誤してるが、1つでブラウンとピンクの2パターンを作り出せ1000円以内でこのオプションは素晴らしい。ラメもきれいだしさすが天下のキャンメイク先生。ナチュラルメイクのときに主に使用。

 

ヴィセ リシェ グロッシーリッチアイズ (PK-3)

ヴィセ リシェ グロッシーリッチアイズ (PK-3)

 

 

 

 

 こちらも買ったばかりまだまだ試行錯誤してるが、PK-3のバーガンディー系はベージュオレンジみはあるものの上品な感じでベリーカラーも強いからブルベでも抵抗なくいける。華やかにしたいときに使用。

 

ブルベのくせにパープルやブルーシャドーが苦手だったものの、PU-11のパープルは強すぎないから使いやすいし多少クールな目元になるが普段用でも大丈夫なくらいがっつりに塗ってもやり過ぎた感じにならない。

 

 

 

キャンメイク アイシャドウベースPP ピンクパール 2g

キャンメイク アイシャドウベースPP ピンクパール 2g

 

 これをやるやらないで発色が違う。

うん、世界変わる。

 

 

 練りチークでハードル高い感じもしたが使ってみるとつける量の加減はきおつけなくてはいけないが馴染みが良くて、あとはリップでもつけれるのも利点。

 

 

 巷で話題のオペラのリップティント。02番ピンクと06番ピンクレッドと迷った末に落ち着いた色味の06番に。02番は可愛すぎる気がして、だけどとても使いやすそうな色でした。

私は口紅グロスリップが本当に苦手なんですがこれはすこしティッシュオフするぐらいで全然大丈夫、不快感なし。リップティントってスゲェ。(これが初体験。)すこし落ちても色味ちゃんと残ってるから優秀。

 

 

 

 

こんな感じでいくつか試しつつまた気になるものもあるのでのんびりとやってます。

 

以前、ファッション雑誌のインタビューで石原さとみさんがメイクについて質問されていたものを見かけた。色々参考になる言葉がのってたなかでしっくりきたのは

「定期的に使っているメイク道具ややり方を見直す、季節によって変えていく」というような言葉でした。それを読んで、それなら私でもできるなと思った。

 

冒頭でも書いた通り、わりとメイク道具は同じの使ってるというかそこまでアンテナ張ってないタイプだったしギリギリカスカスになるまで使いきってから買いにいくもののたまに使ってたものが廃盤になって絶望的になって新しいの調達するクソズボラタイプだった。

 

そんなクソズボラが、定期的な見直しというそれを意識的にやっただけでもだいぶ大きかったです。 それにより自分が客観的にどんな風にみえるのかさらに考える機会にもなりました。

 

最初は大変だったが最初は「楽しい、気分転換」というゾーンに入ってきたようにも思う。これは進歩である。

 

さとみちゃんみたいになれるとはこれっぽっちも思ってないが、自分合うものを考える作業はとくにオシャレやメイクは答えがないものだったりで試行錯誤の繰り返しではあるが自分を見つめる飾る作業はそれは気分転換息抜きにもなる。

 

めんどくさいな、ただのルーティンの1つそういう気持ちでしていたメイクという作業が悪くないかもなというところにいき、なによりも息抜きや楽しいという思考は体にも精神にも良いことで。これは、メリットだらけではないか?

 

ある意味、アイドルやすきなものをみている感情や精神状態に近いじゃないか、メイクって思ったよりもハードル高くないんじゃないか!(技術知識云々はおいといて)と、いろんな気付きがあったわけで。

 

 

なんだか、長々してしまいましたがこれは自分の記録用という程で書いてるので多目に見てもらえると助かります。

 

 

女子力が揶揄られている現在。もちろん、間違った女子力も正解の女子力も数えきれないぐらいあるのかもしれない。情熱や興味を傾けるものはそれぞれ。

 

趣味でもメイクでも恋でもなんならプロレスでも酒でも男でもなんだっていいのだ。

 

 

あー、自分で楽しい。

 

そう思えるものがすこしでも小さくても大きくてもたくさんあっていいし、年齢で変わっていってもかまわない。

 

 

私の人生において、ただの生活の一部でしかなかったメイクというものがそのカテゴリーにひとつ加わったということをお伝えするブログでした。

 

またコスメというタグカテゴリーを再び使うときがあればその際はまたよろしくお願いします。

 

第2弾………あるといいね。笑

では、このへんで。